徒然なるままに 心に移りゆく いかがわしいことを 日々書き綴ります
Free Area
いつも心に雷獣を。
プロフィール

ぴの

Author:ぴの
現在は暁のヨナ、ハクヨナ中心。
歴史モノ、和服好き属性あり。
昔は幕末書いてた事もあり。
つーことで、銀魂も好き。
ツイッター → @m_tak10
無言フォロー歓迎です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
ヨナ姫に弾いていただく琴。滅茶苦茶悩みました。原作に絵で出てこないですからね~…。

近々、ヨナ姫に作中で琴を弾いていただきますが、もうこれを悩んでいたせいでXmasに現パロが上がらなかったと言っても過言ではない(笑)

管理人には多少音楽をやっていた過去がありますが、西洋楽器オンリーでアジア系はさっぱりわからず、非常に苦悶しました。そしてやっとこさ、どうにかヨナ姫に弾いていただく琴の種類を決める事ができました。

プロの奏者の方にまで相談した結果、日本で一般的に『琴』というと出てくる13絃、もしくは17絃の箏にする事を諦め、一時は危うく話が頓挫しそうになりかけましたが、21絃の中国古箏(グーチェン)にする事で決着をつけました。

何でこんなにこだわったのかは、そのシーンを読めばわかるはずです。これじゃないと、リアルに再現できなかったのです。中国古箏はアニヨナの主題歌、志方あきこさんの『暁』でも使用されているので、絵的にも音的にも、まあたぶん大丈夫なはずです。

と、いうわけで、ウチのヨナが弾くのは古箏です。よく見かける床に置いて正座して弾くタイプの和風のお琴ではなく、テーブルの上に乗せて弾く、もしくは古箏の台自体に脚が生えてて椅子に座って爪弾くタイプの楽器です。

古箏の左右の縁には高級なものだと螺鈿細工が施されていたりするので、おそらく緋龍城のヨナ姫の箏には見るからに高そうな装飾がふんだんに施された、王宮のインテリアとしても珠玉の逸品だったんじゃないかと思います。

私は古箏はその成り立ち自体がファンタジーな楽器だと解釈したので、あまり突き詰めずにファンタジーとして都合よく使わせていただきます。事前にこう言っとけば、万が一弾ける人が読んでも大目に見てくれるかな…(笑)

一応、プロの方も交えて再現考証した上で、ギリギリ不可能ではないと判断して書きます。このギミック、管理人はめっちゃ悶えた。乞うご期待♪(*´﹃`*)



◆参考までに◆
姫さん好みの可愛らしい螺鈿細工の古箏 ←クリックで別サイトに飛びます。
古箏の演奏動画 ←クリックで別サイトに飛びます。




スポンサーサイト
2016/01/11 02:39 創作メモ TB(-) CM(2)
コメント
箏見ました
こちらでは、初めてコメントさせて頂きます。
箏の画像見ました! 確かにインテリアとしても充分な輝きが……。
何気なくお値段見て気軽に買えるものではないな……と目が泳ぎました(笑)
萌えるギミック楽しみです。
2016/01/12 02:23 アオイ URL [ 編集 ]
Re: アオイさん。
おお!初コメントありがとうございます(*^_^*) 参考画像は貼ったものの、姫さんの古箏にするにはアレは安すぎてどうかと思ったのですが、他に適当な見た目の画像がすぐ見つからず…(笑) 例えば、グランドピアノならそこそこのグレードで300万円くらいするので、この画像は螺鈿細工を10倍盛ってケタ1つ足すくらいでイメージしていただくと一国の王女の持ち物としてはちょうど良くなると思います(;´∀`) その辺に置いてあっても庶民はちょっと畏れ多くて触れないようなキラキラオーラ放ってると思いますね。そんな箏で私は一体何をやらかそうと言うのか…お楽しみに!
2016/01/12 23:45 ぴの URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おしながき
◆こちらには暁のヨナの二次小説、主にハクヨナ、たまにそれ以外の何かを好き勝手に置いてます。
◆原作者様、出版元には一切関係ございません。
◆著作権は放棄しておりませんので無断転載、お持ち帰りなどはご遠慮下さい。
◆一度上げた作品を気まぐれで加筆修正することがあります (なので、持ち帰り禁止)。
◆内容がお気に召さない場合は、そっと画面を閉じて下さいませ。
◆管理人は基本的に本誌は読んでいませんが、ネタバレをあまり気にしません。
◆管理人閲覧限定コメントを頂く場合、こちらからの返信は一般閲覧可となるため、公開されてもいいお名前での投稿をお願いします(内容は勿論非公開です)。それ以外の方法で返信をご希望の場合は、返信先と合わせて文中に明記して下さい。
◆以上の点を、予めご了承下さいませ。
リンク
当ブログは現在リンクフリーです。リンクして頂いた場合、事後で大丈夫なのでひと声頂けると助かります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。